キムチ鍋とワインのマリアージュ

キムチ鍋

キムチをメインに、お肉、魚介、野菜等を入れ、唐辛子やコチュジャンで味付けをしたキムチ鍋。スパークリングやロゼワイン、赤ワインなどと相性がいいんです。

キムチ鍋とワインの基本ペアリング

キムチを単品で食べる場合、辛味や風味のインパクトが強いので、ワインとのマリアージュはハードルが高いのですが、キムチ鍋ならば、程よい辛味と出汁の風味でワインとの相性がよくなります。

キムチの辛味を程よく和らげてくれるスパークリング、発酵したキムチの酸味に合わせたロゼワイン。ロゼは鍋ならではのさまざまな具材といずれも喧嘩しにくいというところもピッタリです。赤ワインを合わせる際には、タンニンが強いとハーモニーが崩れてしまいます。軽めの赤ワインを少し冷やしていただくことで、相性がよくなります。

キムチ鍋とは

一般的に鍋料理で使用する肉類、魚介、野菜などを入れ、キムチを具材としてだけでなく、出汁や旨み、調味料としても活かした鍋料理。日本でもすっかりお馴染みになりました。単にチゲとも呼ばれますが、チゲはそもそも小鍋を指す言葉。正確には小鍋を使ったキムチ鍋がキムチチゲとなります。

スパークリングワインとキムチ鍋のマリアージュ

アツアツのお鍋には冷えたスパークリングワインがぴったりな上に、爽やかな泡が辛味を程よく和らげてくれます。

ソロ カヴァ ブリュット

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。 詳細はこちら

少し甘味を感じるスパークリングもおすすめで、キムチの甘味を引き出し、美味しさがアップするでしょう。

クレレット ド ディ ビオ シュール(古代製法)

糖分を添加しない古代製法で仕上げたやや甘口のスパークリングワイン。マスカットの芳香と優しい甘さが体に染み込むようなオーガニックワインです。 詳細はこちら

ロゼワインとキムチ鍋のマリアージュ

キムチ鍋には、程よい酸味と果実味があるロゼワインがよく合います。ワインの酸味がキムチの酸味と同調し、ワインの果実味がキムチの辛味を包み込み、美味しさを引き上げてくれます。

ヴァール ロゼ

南仏の定番ロゼワイン。プロヴァンスの海辺のテラス席が似合うフレッシュな辛口のオーガニックワインです。 詳細はこちら

コティ ロゼ

シチリアの地場品種ネロダヴォラを使った辛口ロゼワイン。可愛らしい果実やフローラルな香りと上品に広がるフルーティーな味わいが魅力の1本です。 詳細はこちら

赤ワインとキムチ鍋のマリアージュ

赤ワインを合わせたい場合は、タンニンが強すぎると、発酵特有の香りや辛さが増したように感じられることもあるので、フルボディではなく、軽めの赤ワインがよいでしょう。また、赤ワインは少し冷やしたほうがキムチの辛味を押さえてくれますので、ぜひ試してみてください。

ツヴァイゲルト 赤

オーストリアで幅広く栽培されているぶどう品種「ツヴァイゲルト」種を使った赤ワイン。スクリューキャップなので、手軽に飲みたいときにすぐに楽しめます。 詳細はこちら

レフォスコ ダル ペドゥンコロ ロッソ 赤

イタリア北東部の土着品種を使った赤ワイン。落ち着いたアロマと、バランスよく飲みごたえがある味わいが楽しめるオーガニックワインです。 詳細はこちら

ナチュール シラー 赤

ラングドックのシラーを100%使用した二酸化硫黄無添加赤ワイン。スパイシーな風味がありつつも、すっきりモダンスタイルに仕上げました。 詳細はこちら

いかがでしたか。豚肉、魚介、きのこ、お豆腐等々、キムチ鍋はどんな具材とも相性がいいので、幅広いマリアージュを楽しんでください。



マヴィ創立26周年記念ワイン




今年もお花見のお供に






オーガニックワイン専門店マヴィ 初回限定ワインセット


こちらもいかがですか?

  1. 筍(たけのこ)の天ぷらとワインのマリアージュ

  2. 白和えとワインのマリアージュ

  3. 肉じゃが

    肉じゃがとワインのマリアージュ

  4. 麻婆豆腐

    麻婆豆腐とワインのマリアージュ

  5. 酢豚

    酢豚とワインのマリアージュ

  6. ビーフシチューとワインのマリアージュ