ゴーヤチャンプルーとワインのマリアージュ

沖縄以外でも、夏にはすっかり定番となったゴーヤ料理。その中でも筆頭のゴーヤチャンプルーは一緒に炒める食材の香りも相まって、ワインとの相性もいろいろ楽しめます。

ゴーヤチャンプルーはワインとの相性抜群

いろいろな食材を使い、油で炒めるので、ワインの味や香りと結びつく触手が多いのがゴーヤチャンプルー。基本の豚肉と豆腐が入った卵でとじるタイプのゴーヤーチャンプルーなら、柑橘系のさっぱりとした白ワインか辛口ロゼワインがまずはおすすめです。

一緒に炒める食材によって、どんなワインに合わせられるか、いろいろ試してみるのも楽しそう。

ゴーヤチャンプルーとは

ゴーヤチャンプルーは、ゴーヤを主体として豆腐、豚肉などの食材と炒めた沖縄の料理です。「チャンプルー」とは「まぜあわせる」という沖縄の方言で、様々な食材との炒め物の総称として使われています。いろいろな味と香りが入り混じり、いろいろなワインとの相性が楽しめます。

交易で栄えた琉球の味

沖縄料理は東南アジアからの影響が多く見られ、エスニックな印象があります。チャンプルーはマレー~インドネシア語で混ぜ合わせるという意味の「campur」(チャンプル)が持ち込まれたものです。

一般的な豆腐は大豆を煮た後にこしますが、島豆腐は大豆をこしてから煮るため、大豆の味が濃厚で硬くなります。また、にがりではなく海水をそのまま使って凝固させることもあり、塩味は強めです。実はこの製法はベトナムやマレーシアの豆腐と同じなのです。

ゴーヤチャンプルーで夏バテ防止!

熱に強いビタミンCがキャベツの3倍含まれ、苦味成分が胃液の分泌を促し、カリウムによりむくみを予防する夏野菜ゴーヤ。肝機能を高め血圧・血糖値を下げる効果があるそうです。緑のカーテンでもお馴染みのゴーヤは夏野菜。露地物がたくさん出回る夏場が一番栄養価も高く、夏バテ防止にもおすすめです。

粒(イボ)が多い方が美味しいとされていますが、青く粒が小さいゴーヤは苦いため、苦味が苦手な人は色が薄く粒が大きいものを選ぶと良いようです。ゴーヤの栄養素は水に溶けやすいため下茹では避けましょう。

ゴーヤチャンプルーに合う白ワイン

白い豚肉には白ワインが合います。特にゴーヤの苦味に合わせると、グレープフルーツの苦味やレモンバームなどのちょっと柑橘系の香りを持つ白ワインがおすすめです。

コート ド プロヴァンス 白

セザンヌが好んで描いたサントヴィクトワール山麓の畑で造られる白ワイン。キレのいい柑橘系の味わいで、ブイヤベース等魚介料理との相性は抜群です。 詳細はこちら

ピノビアンコ 白

イタリア・ヴェネト州の辛口の白ワイン。冷やして飲むときりっと軽快な味わい、少し温度を上げるとボリューム感も楽しめるのオーガニックワインです。 詳細はこちら

ゴーヤチャンプルーに合うロゼワイン

色々な食材と手を結びやすいのがロゼワイン。厚く削った鰹節や豆腐、醤油とロゼは抜群の相性です。

ヴァール ロゼ

南仏の定番ロゼワイン。プロヴァンスの海辺のテラス席が似合うフレッシュな辛口のオーガニックワインです。 詳細はこちら

LW ツヴァイゲルト ロゼ

オーストリアで人気のぶどう品種「ツヴァイゲルト」を使用したロゼワイン。フレッシュな果実味が印象的なキュートな1本です。 詳細はこちら

ゴーヤチャンプルーに合う赤ワイン

溶き卵で仕上げるゴーヤチャンプルーは少し動物っぽさを感じます。なので赤ワインとの相性の良さも持っています。ただしタンニンが強い赤ワインはゴーヤの苦味や鰹節を殺してしまうので、軽やかな赤ワインを少し冷やして合わせてみてください。

マンドルロ 赤 微発泡

イタリア・ピエモンテ産の心地よく軽快な飲み口の微発泡の辛口赤ワイン。重くなりすぎずお料理が楽しくなるようなオーガニックワインです。 詳細はこちら

ポルトゥギーザー 赤

ドイツ・フランケン産の赤ワイン。野イチゴにハーブ、スパイス、やや土の香りも。可愛らしい果実味で上品。優しいがどこまでも深い味わいです。 詳細はこちら

本場ではスパムミートを使うことが多いそうですが、どこでも手に入る豚小間肉はクセが無くおすすめです。暑い夏を乗り切るスタミナ料理とワインのペアリングをぜひお楽しみください。



マヴィ創立26周年記念ワイン




今年もお花見のお供に






オーガニックワイン専門店マヴィ 初回限定ワインセット


こちらもいかがですか?

  1. サムギョプサルとワインのマリアージュ

  2. フォーとワインのマリアージュ

  3. キャロットラペとワインのマリアージュ

  4. ぶり大根とワインのマリアージュ

  5. チキン南蛮とワインのマリアージュ

  6. マグロのタルタルとワインのマリアージュ