ラザニアとワインのマリアージュ

ラザーニャ

幅広い板状のパスタ、ラザニア。定番のラザニアはミートソースとホワイトソースを重ね、たっぷりのチーズをかけてオーブンで焼いたもの。ボリューム満点でクリーミーなこのひと皿はもちろんワインとの相性も抜群です。

ラザニアとは

長方形の板状になったパスタであるラザニアの間に、ソースを挟み、何層にも重ねてオーブンで焼き上げたイタリアの郷土料理です。日本にも早い時期に伝わったので、レストランでも家庭でもお馴染みのお料理です。

イタリア料理にはやっぱりワイン。定番のラザニアからアレンジレシピまで、イタリアワイン中心に気軽に合わせてみましょう。

定番(エミリア風)のラザニアとワインのマリアージュ

ラザニアの定番と言えば、ミートソース、ホワイトソース、チーズがミルフィーユ状に重なったエミリアロマーニャ州のラザニア。ボロネーゼとも呼ばれる肉感溢れるミートソースや、名産のパルミジャーノレッジャーノは旨味たっぷりで、見た目も味わいもとてもリッチ。

そんなエミリア風ラザニアには、果実味のしっかりした中程度の赤ワインが濃厚な旨味のハーモニーをしっかり受け止めてくれるでしょう。また、現地では赤の微発泡との組合せも人気。ラザニアのこってりさを程よくすっきりさせてくれます。

キャンティ 赤

昔ながらのキャンティの味わいが楽しめる赤ワイン。毎日の食卓で気軽に楽しめるオーガニックワインです。 詳細はこちら

ポレジオ 赤

ぶどう畑から臨むポレジオ山が由来のイタリア・マルケ州の赤ワイン。飲みごたえがありながらもエレガントで、気軽に楽しめるオーガニックワインです。 詳細はこちら

マンドルロ 赤 微発泡

イタリア・ピエモンテ産の心地よく軽快な飲み口の微発泡の辛口赤ワイン。重くなりすぎずお料理が楽しくなるようなオーガニックワインです。 詳細はこちら

ナポリ風ラザニアとワインのマリアージュ

エミリア風と並んで有名なのがナポリ風。エミリア風との違いは、ホワイトソースは使わず、ソーセージやサラミ、ゆで卵等が加わります。食べ応えはありますが、ホワイトソースがない分、意外とあっさりした美味しさは、温暖ゆえに軽めの食事が好まれるイタリア南部ならではでしょう。そんなナポリ風ラザニアには、軽め~中程度の酸と果実味のバランスのいい赤ワインがぴったりです。ソーセージやサラミのスパイシーさに合わせて、スパイシーなワインもおすすめ。

ネロ ダヴォラ 赤

標高480mの畑で栽培したシチリアの土着品種を使ったオーガニック赤ワイン。フルーティでエレガントな仕上がりです。 詳細はこちら

エミリア風もナポリ風も伝統料理ですが、ご家庭で作る場合は、お好みにアレンジするのも醍醐味です。ワインを合わせるコツは、トマト多めで軽めに仕上げたラザニアには、酸のある軽めの赤ワインを、しっかり煮込んだミートソースの濃厚なラザニアには中程度の赤ワインがぴったりです。

白いラザニアとワインのマリアージュ

ミートソースは使わず、たっぷりのホワイトソースだけで仕上げる白いラザニアは、イタリア各地で作られています。鶏肉、きのこ、野菜等の具材と相性抜群で、モッツァレラやリコッタ等のチーズもお好みです。合わせるワインは、ホワイトソースのクリーミーさに合わせて、少しコクのある白ワインがぴったり。樽香のある白ワインも、旨みを引き立ててくれるでしょう。

スパレット ビアンコ 白

トスカーナ州の丘にある小さな村で造られたほどよくボリュームのある白ワイン。豊かな香りとまろやかな口当たりが嬉しいオーガニックワインです。 詳細はこちら

ピエモンテ ソーヴィニヨン ブラン(樽熟) 白

ピエモンテで造られたボリュームのある樽熟のソーヴィニヨンブラン。トロピカルフルーツやバニラ、ハーブなどの香りが華やかなオーガニックワインです。 詳細はこちら

いかがでしたか。ラザニアはパスタと違って作り置きもできるので、ホームパーティにも最適! ベーシックなレシピを覚えたら、ソースも具材も自由にアレンジして、色々なマリアージュを楽しみましょう。



マヴィ創立26周年記念ワイン




今年もお花見のお供に






オーガニックワイン専門店マヴィ 初回限定ワインセット


こちらもいかがですか?

  1. お好み焼きとワインのマリアージュ

  2. ローストポークとワインのマリアージュ

  3. うなぎの蒲焼(タレ)とワインのマリアージュ

  4. マグロのタルタルとワインのマリアージュ

  5. ムニエルとワインのマリアージュ

  6. ブイヤベース

    ブイヤベースとワインのマリアージュ