肉じゃがとワインのマリアージュ

肉じゃが

家庭料理の定番煮物、肉じゃがは、ワインによくあう和食のひとつ。お肉とワインの相性はもちろん、ジャガイモに染み込んだ旨みや甘辛の味付けが、果実味ある白ワインや渋すぎない赤ワインによく合います。

肉じゃがとワインの基本ペアリング

関東は豚肉、関西は牛肉で作られることが一般的な肉じゃが。煮汁がたっぷり目のタイプやあまりないもの、甘辛い味付けがクッキリしたものや優しい味わいのものなど、家庭料理ならではの各家庭、各お店独自のレシピがあります。

基本的に豚肉を使った肉じゃがの場合は、果実味のある白ワイン、牛肉を使って甘辛く煮た肉じゃがは渋みが抑えめの赤ワインを合わせると良いでしょう。

家庭料理の定番煮物、肉じゃが

牛肉または豚肉と、ジャガイモ、玉ねぎ、人参などを醤油、砂糖、みりんで甘辛く煮た家庭料理の代表、肉じゃが。お好みでしらたき(糸こんにゃく)や絹さや等も。お肉の種類や具材は各家庭で違いますが、そこからしっかりと味が出て基本的に出汁は使わずにできるので、失敗なく作りやすい人気メニューです。

白ワインと肉じゃがのマリアージュ

和食に合うワインのひとつがリースリング。雑味のない酸味と果実味が和食の優しい味付けにマッチします。リースリングはジャガイモを使ったお料理とも合い、お肉の旨みを引き上げてくれるでしょう。お醤油味が濃すぎない、豚肉を使った肉じゃががおすすめ。

アルザスリースリング 白

創業1620年の名家メイエー家が造る、高貴品種リースリング100%の辛口白ワイン。特徴的な際立つミネラル感と酸味のバランスが秀逸です。 詳細はこちら

希望小売価格 4,565円(税込)

また、ジャガイモはホクホク感もあり、リースリングより少しコクのあるゲベルツトラミネールも、口の中で滑らかに調和してくれます。和食とゲベルツトラミネールと聞いて、意外と思うかもしれませんが、果実味から来るほのかな甘さが、和食の優しい甘さに合うのです。

アルザス ゲヴェルツトラミネール 白

創業1620年の名家メイエー家が造る、高貴品種ゲヴェルツトラミネール100%の辛口白ワイン。薔薇やライチなどの華やかな香りが魅力的。 詳細はこちら

希望小売価格 5,280円(税込)

赤ワインと肉じゃがのマリアージュ

基本の肉じゃがは醤油ベースなので、赤ワインも美味しく合わせられます。ホクホクの旨味を含んだ肉じゃがには、軽め~中程度のカジュアルな赤ワインがおススメです。

品種をあげるなら、ジャガイモや人参の土っぽい香りに合わせて、メルローやガメイがおすすめです。どちらも、まろやかなワインなので、ほっとした味わいの和食に合います。新じゃがで作る素朴な肉じゃがには、チャーミングなガメイがぴったりですよ。

メルロー ヴェネツィア 赤

イタリア・ヴェネト州のメルローを使った軽めの赤ワイン。ベリージュースのようにフルーティで、親しみやすいシンプルなオーガニックワインです。 詳細はこちら

希望小売価格 2,915円(税込)

レニエ(クリュ ボジョレー) 赤

畑を耕すのは馬と人、昔ながらの醸造器具をほぼ人力で動かし、徹底した手作りを感じさせるオーガニックワイン。自然を愛するランポンさんの優しい人柄が反映されたような味わいです。 詳細はこちら

希望小売価格 5,940円(税込)

洋風肉じゃがのマリアージュ

ワインとの相性をさらに高めるには、オリーブオイルで炒めたり、トマトを入れたり、日本酒の代わりに赤ワインを使ってみましょう。カジュアルでフルーティなイタリアワインと合わせてみてください。

キャンティ 赤

昔ながらのキャンティの味わいが楽しめる赤ワイン。毎日の食卓で気軽に楽しめるオーガニックワインです。 詳細はこちら

希望小売価格 2,915円(税込)

いかがでしたか。和食とワインを楽しむのもよし、洋風に仕上げるのもよし、自分好みの肉じゃがを楽しんでください。



マヴィ創立26周年記念ワイン




今年もお花見のお供に






オーガニックワイン専門店マヴィ 初回限定ワインセット


こちらもいかがですか?

  1. ポテトサラダ

    ポテトサラダとワインのマリアージュ

  2. オムライスとワインのマリアージュ

  3. シーザーサラダ

    シーザーサラダとワインのマリアージュ

  4. フォーとワインのマリアージュ

  5. フムス

    フムスとワインのマリアージュ

  6. ラタトゥイユとワインのマリアージュ